第42回定期演奏会 2005/7/2

第42回定期演奏会 2005/7/2(土)

神奈川県立音楽堂

指揮  原田  重一
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」序曲
ビゼー:歌劇「アルルの女」第1組曲・第2組曲
ビゼー:交響曲第1番
 


第42回 定期演奏会 アンケート
来場者より頂いた感想をご紹介いたします。

ご感想・ご意見
指揮者の方が、自分の言葉で、楽しく解説してくださって、とても楽しめました。
ビゼーの曲とスメタナとなじみの多い曲だったので、とても楽しめました。孫に聞かせたいと思いました。曲の説明が分かりやすいです。
すばらしい演奏をありがとうございました。真珠採りのタンゴのポピュラーが親しみやすく良かったです。時々は、ポピュラーの曲も入れて欲しいです。
今回は前よりとても良かった。
だんだん音楽が好きになります。今後も是非聞きに来たいと思います。
全曲ナマは初めて、特にビゼー1番はありがたかった。何とかモーツアルトのシンフォニーをききたいのですが。
ご案内ありがとうございました。期待通りの演奏会でした。アンコール曲の「真珠採りのタンゴ」は以外で心躍りました。益々のご研サクを期待し、次回を楽しみにしています。
大満足でした。アンコール曲も、今回最も良かった。又、聞かせていただき多々いと思います。PS,元名?もかいていただくと外国人に勧めるときは、分かりやすいと存じます。
指揮者の方が、がわかりやすく説明してくださって良かった。初めてきましたが、良かったのでまた、来たいと思います。すてきな時間すごせてうれしい、リッチな気分になれました。
VERY GOOD
指揮者の説明が分かりやすくて、カタイ?音楽も楽しく聞くことが出来た。
原田さんすばらしく良かった
ビゼーのファンです。特にアルルの女はなじみです。軽音楽調も希望(スクリーンミュージックも)
あいかわらず指揮者の原田氏のお話が面白く楽しませていただきました。CM等で一部使用されていて知っててても、さびの一部しか聴けない曲を集めて演奏していただけたらと思います。
すばらしい演奏を聞かせていただきました。団員が多いから練習は大変だろうと思います。音楽を聴くととても心なごみます。タンゴは好きなので、すばらしかったです。
いつものように楽しみに来て、楽しく聴きました。参加しました。知っている曲、聴いてはいましたが、とても心楽しくありがとうです。学生時代に聞いた曲、忘れないものですね。うきうきしています。涙が出たの、あのころを思い出しました。
原田指揮者による曲の解説分かりやすくよし。
アルル良かったです。Saxphoneアリのオケをまた聴きたいです。
アルルの女のラストが素敵でした。ブラスが入ってきて盛り上がってきて、パーカッション(楽器はなんだったかった分かりませんでしたが)も入ってきて、テンポがあがっていくところがとても好みでした。今回で、この演奏会は2度目なのですが、なかなか生でオーケストラを聴く機会がないので、次回はドボルザークの新世界とか聞いてみたいです。
久しぶりのアルルの女最高です。指揮者のお話も楽しく聞かせていただきました。足が不自由になってからは演奏会も少なくなりましたが、今日は楽しい、そしてすばらしい演奏会でした。ありがとうございました。
めったにクラシックのコンサートなど来ないもので緊張していたところ、コンサートマスターの方が、まるで、勤め帰りに飲み屋に入って腰掛けるごとく、気楽な様子?でとなりの人と話しながら、席につかれたので、それを見て、リラックスして演奏を聴けました。サックスもオーケストラに合うものですね。驚きました。
曲目がポピュラーだったのと、入場料が手ごろだったので、小学校2年と1年の子どもに初めて生のオーケストラを聞かせるためと、家族で来ました。私自身、シンガポール勤務時にシンガポールフィルを聞いて以来だと思いますので8年ぶりでしょうか。今後とも、子ども連れで気軽に聴きに来られるコンサートをよろしくお願いします。
とても良かったです。特に私はコントラバスが良かったです。手前から2番目の男性がリズムにすごくのってよく動いていて良かったですが、たおれそうになちゃうんじゃないか??とはらはらしていました。私の中学はコントラバスが3台で1、2、3年生が一人ずつです。他の学校より多いので音多少あいにくいです。それが4人で音があっているのですごいと思いました。アルルの女は私の中学でもやりました。吹奏楽とはまた違い、すばらしかったです。TUBAはコントラバスのパートと同じでした。本当に良かったです。すばらしい演奏をありがとうございました。
指揮者のお話はポイントをおさえた聴き所を解説してより音楽に興味がもてる。交響曲の2楽章はとても美しく私の好みでした。これからもいやされる音楽をお願い致します。「アルルの女」の中の聞いてことのある曲はやはり楽しいですね!フルートの独奏がすばらしかった。やさしい音色でした。
1番目の曲。どんどん楽器が増えてきて、いろいろな音になりました。音が大きくなったり、小さくなったりしていました。2曲目。細かい音も混ざっている。ひびきのある音だった。はずんでいる感じでした。長い曲でした。アルルの女。さびしそうな、かなしそうで、静かな感じから明るくなって、はなやかになりました。でもまた、暗い感じになりました。ハープの音がとてもきれいな音でした。はじける音でゆっくりでした。最後の方は大きな音でした。
代表の方が挨拶で書いていましたが、「青春」を思い起こすメロディーで、しばらく忘れていたフレーズを思い出し、しばし非日常の時間に浸っていました。今回は、情熱的で官能的なメロディーづくしで、一番好きな曲の「真珠取りのタンゴ」が出てくるとは思いませんでした。
原田指揮者のユ-モアあるト-クもいつも楽しみ。
曲説明も詳しくて素人にもやさしい演奏会でした。アルルの女も有名なところ以外ははじめてでした。それにアンコール曲もよく知っている曲でうれしかったです。タンゴは大好きです。娘はTVタックルとか運動会の曲だと言ったのもわくわくするような気分でした。
初めて定期演奏会を聞かせて頂きました。ていねいな曲への説明、お蔭様で解りやすく演奏を楽しむことができました。たくさんの聴衆の方々の中での演奏、次回をきっと楽しみにしている方々が多いのでしょう。これからも楽しい演奏会でありますようご活躍を祈っております。ありがとうございました。
いつも指揮者の話が面白い。昔地方のオーケストラでやっていた時代を思い出す。アルルの女を聴いていると  ◎パーカッション
熱演のよるいい音をたくさん有難うございました。
久々に生まの演奏にふれ、とても感激しました。日ごろの練習の賜ものと思います。すばらしい演奏でした。
指揮者さんのお話しと2ndのFさん最高 ちょっとやせたかな?1年の時一緒にぷりくらとったぢゃん? またとりたいね
オーボエのソロがとてもきれいでした。
昼にあると、とても、うれしいです。(夜じゃない方が・・・)わかりやすい解説でありがとうございました。アンコール曲もとてもよかったです。
最後のアンコール曲がとてもよかったです。ポピュラーなクラシックとその他ジャズっぽいような曲 A列車でいこうやスティングの曲等(映画)あると楽しいものになると思います。舞台向って指揮者の方のすぐ前のバイオリンの方の演奏の熱意がこちらまで伝わってよかったです。
1.横浜市民はレクチュアがお好きなのでしょうか?横浜楽友協会吹奏楽団の演奏会もここまで聴きましたが、同じように誰かがしゃべる構成で、こういうことはあまり経験がなく驚きました。2.技術的には音程のよいオーケストラですね。バランスはこのホールの特性(思ったよりdead)や気候(湿気)のこともあるので、決めつけるわけにはいきませんが、ひょっとして音程を維持するのに気を遣いすぎて、ダイナミックレンジが狭くなっているのかもしれません。3.えーと、Fgがきこえるのはいいのですがこの音量だと表情がつけずらいのでは?表情をつけるなら、周囲もあと一段小さくしてくれないとやりにくいのではないですか?また全体に休符のあとの音符の遅れのせいで、わずかですが重くきこえます。「カルメン」にしてもそうですが、重苦しい主題でも重いわけではなくあくまでもフランス人だと思います。
フルートの音色がきれいで心地よかったです。いつもアンケートは出した事が無いのですが・・・
此の様な演奏会がひらかれれば若い人のクラシックに対する関心もひろがり先がとても楽しみだと思います。原田さんの飾らない自然な態度が堅苦しいクラシックをより身近に感じさせてくれました。 とても楽しい演奏会でした。有難うございます。
原田氏のわかりやすい解説がとても楽しみです。この梅雨の時期に音楽を聴いてさっぱりしました。ありがとうございました。次回12/25楽しみにしております。
最後とカルメンを???来て非常に身近なものに感じ会場が盛り上りました。そして演出が大変良かった。
演奏会のユニークな説明が印象的で演奏が判りやすく拝聴させて頂きました。 今後のご活躍をご期待申しあげます。
生まれて初めてクラシックを聞きに来ました。色々と感じるものがあり、また来たいと思いました。一つ一つに説明があることが非常に分りやすく理解できました。
毎回皆様のご精進に関心すると同時に楽しませてもらっています。やはりアルルの女のような著名な曲は皆様が一体になるまでの難しさが一層と思いますがお見事だったと思います。 今後ともご活躍をお祈りします。
曲目も良かった。 パンフレットにある曲の解説も楽しくよめた。
今回も曲の説明がとても良かった。「アルルの女」はいろいろな楽器が使われていたのでおもしろかった。 チャイコフスキー、 小曲をいくつか、
原田先生の解説いつも楽しみにしています。今回も大変勉強になり、しかもわかりやすくて良かったです。アルルの女ははじめて全曲聞きましたが、とても良かったと思います。 アンコールもうまく演奏できていたと思います。 交響曲は第2楽章美しかった。これからも頑張って下さい。
指揮者の方のお話がユニークでした。又、フルートの独奏はとても良かったです。
大変良かった
弦のバランスがとてもすばらしかったです。音楽の説明があって楽しかったです。特にFl、サックス、Obの方がすばらしかった。とてもよい演奏会でした。ありがとうございました。
ハ長調の第2楽章でオーボエのソロがとてもキレイで印象に残りました。(息つぎがとても上手く、どこでしてるのか見てる者には解らない。)<コレガスゴイ> 今までの演奏会でハープ(和音サイコー)を使った曲はなかったと思うので興味がある。弾いてみたい。琴と同じですか???前回ピアノの独奏があったと聴いた。ピアノは私も時々弾くのでぜひまた使って欲しい。 又、原田さんのトークとジェスチャーは相変わらず面白くて好きです。 いつかまた”くるみ割り人形”やって下さい。
結構な音楽会でした。適格なパート解説も良かった。12月25日はぜひ参加、楽しみたい。ご苦労さまでした。
アルルの女とてもよかったです。すばらしかった。
今日の演奏会は選曲が良かった。 皆に判りやすかったと思う。
すばらしかった
第2楽章は予想通り心地良すぎて、寝ちゃいそうになっちゃいました。
最初の曲は激しかったけれどよくはずんでいました。次の曲はすごく長かったです。いい曲でした!CMの曲もあって楽しかったです。様々な曲ばかりで知らない曲もありました。 でもどれもいい曲で、聴きごたえがありました。 また聴きたいです。コンマス、うまかったです。
コンサートマスターのヴァオリンがすばらしかった。 彼の音色が抜け出るように感じた。
今回初めて演奏会を聴かせていただきましたが、とてもすばらしかったです。私はトロンボーンをやっているのですが深みのある美しい音色に感動しました。特にアルルのファランドールがかっこよかったです。
今日のビゼーの第2楽章楽しく聞かせて頂きました。年2回の生演奏楽しみにしています。
楽しい曲、この今の時節向きの名曲の名演奏をお聞かせ下さりありがとうございました。 指揮者原田さんのお話も面白くとてもよろしうございました。 指揮者がユーモラスに曲の解説なさるのは故小船幸次郎氏以来の伝統かと思いました。 ビゼーの第1交響曲でオーボエがまことに素敵でした。 アルルのフルート、サックス  次の演奏会を楽しみにしています。 勿論他のパートの力演・熱演も素晴らしかったです。 かなりの年配の方も懸命に演奏なさるお姿に感動致しました。チェロの2列目のお2人よう頑張っておられる! テンパニの若い女性も!コントラバス・Vn,管の男の人も
2??:楽器の使い方が特徴的で新鮮でした。ピッチカートをこれだけ多用すると指が痛いのでは?
楽しい演奏会でした。ヘンデルの曲を聴きたい Concerto Grossoなど
原田指揮者の曲紹介がとても良かった。団員の皆さんが楽しそうに演奏しているのが伝わって来ました。コントラバスの方々は特にGood!やっぱり第2楽章でいねむりさんが居ましたヨ!
一つの楽器じゃなくて、いろいろな楽器の音が混ざると、とてもきれいな音が出ていました。そしてバイオリンの細かい音がとてもよかったです。あと、静かな曲と激しい曲があって両方とも曲のメロディーを聞いているといろいろなことがうかんできてとても良かったです。アンコールの曲もとっても曲のかんじが出ていてよかったです!
とても素晴しかった どうもありがとう
いつもの事ですか?指揮者の原田さんのお話が、楽しく判りやすく楽しみにしています。
とても良かったです。特にflの独奏がよかったです!私もフルートをやっていて、とても良い刺激になりました。
音楽のセツメイもあり楽しいコンサートでした 次回にも聞きに来たいと思います。
とても楽しい演奏でした。指揮者のお人柄がとても良く出ていて、うれしく聞かせて頂きました。解説も楽しく理解し易かったです。次回も楽しみにしています。
すばらしかったです。次回もぜひ聴きに行きたいです
交響曲第一番の第2楽章はご紹介通り心にしみるオーボエ演奏に心を動かされましした。ありがとうございました。何年か後にまた聴きたい曲でした。”アルルの女”の中のフルート独奏やアルトサックスの演奏が聴けて満足でした。今夜は楽しい曲をたくさんありがとうございました。横浜管弦楽団団員の方々の益々のご発展をお祈り致します。
みなとみらいの演奏会に行った時、チラシを見て是非聴いてみたいと思い当日参りました。大変親しみ易い。益々の発展をお祈りしています。チェコに1年前に行き、ボルダウ川や城など、またボヘミヤ地方をまわり、雰囲気を感じました。スメタナが好きです。「我が祖国」もお願いします。
”アルルの女”はすばらしかった。今後も名曲をどんどん演奏して下さい。陶酔しました。次回を楽しみにしています。
きょうはいろんなきょくがきけてうれしかったです
初めてオーケストラ聞いたけど本当に素晴らしかったです。また聞かせて下さい。
身体中にしみ入る演奏はとても良かった。元気になりました。ありがとうございました。
ようやく来ることができました。音楽って、本当に良いですね!!アマチュアの方々が多いと聞いてびっくりしました。みなさんで協力してこんなにすてきなハーモニーを創り出し、私たちにたのしいひとときを与えて下さり、ありがとうございます。指揮者の説明も日頃音楽から遠い生活をしている私には、とても良かったです。
1)Violin 1、2とフルート、ピッコロのバランスが良くなった。(H17.1より) 2)いつも原田さんの解説を楽しみに聴いています。 3)ティンパニーの歯切れの良い演そうただただ感心。これも楽しみの一つ。
とても楽しく聴かせて頂きました ありがとうございました。日頃の疲れがとれた気分です。これからも楽しいステキな演奏をお聴かせ下さい。
1曲目のフルートが最高!でした。もっと聴いていたかったのですが・・・残念です。それから時間についてですが、夜の18:30~は遠方からの者はとてもきついので絶対に変えてほしいです!!よろしくお願いします。
指揮者(原田)の方から曲目紹介や時代の背景などお話していただきとても親しみがもてました。また演奏も良かったです。最後まで興味深く聴かせていただきました。ありがとうございました。
ビゼーのシンフォニー第1番はレコードで聴いて好きになった曲です。唯演奏会では余り演奏されなかったので良かったです。是非ドボルザークのシンフォニーNo.7の名演 セル/クリーグランドを目標に頑張って下さい。期待しています。
管楽器の確かな音程の響きに合わせて、他の楽器にメロディーが引きつがれて行き全体の和音のすばらしさ、リズムの安定したメロディーの流れにうっとりとしてしまいました。やはり呼吸の合った演奏のたまものでしょうか、すばらしい夜でした。弦のピアニッシモはすばらしいけれど管楽器の(f)がつよすぎますネ、会場のせいでしょうか