Blogs

チェコの大型四重奏団、プラジャーク

<p>&nbsp;チェコの弦楽四重奏団、プラジャーク四重奏団を聴きました(5月25日、日経ホール)。</p> <p>この四重奏団を聴くのは録音、実演を問わず全く初めてですが、彼らが登場してまず目を見張ったのがその体格の大きさです。様々な弦楽四重奏団の実演や映像に接してきましたが、これだけ偉丈夫ぞろいの団体はほとんど記憶にありません。

宮田 大のチェロリサイタル

<p>vcpapaです。皆様、いかがお過ごしでしょうか?5月29日(火)に宮田 大のチェロリサイタルを聴きに行き、大変楽しみました。演奏会場は浜離宮朝日ホール(収容人数は約550名)。客席は、ほほ満席。演奏曲目は、バッハ:チェロソナタ第1番(オリジナルはヴィオラ・ダ・ガンバのソナタ)、ベートーヴェン:チェロソナタ第3番、フランク:チェロソナタ(オリジナルはヴァイオリンソナタ)。

日本のデュ・プレ!?マルモ・ササキを聴きました

<p>マルモ・ササキという女流チェリストの演奏を聴きました。</p> <p>聴いたのは、都内の某銀行ロビーでのリサイタルで、曲目はバッハの無伴奏チェロ組曲第三番とオペラからの名旋律などです。</p> <p>バッハは、これまで聴いたことのないほどの歌心にあふれた演奏でした。

新サイトオープン(2011/10/23)からのアクセス状況

<p>hamakan.netは、2011/10/23にDrupalをベースとした新サイトにリニューアルしました。Drupalは代表的なCMS(<span class="st">Content Management System</span>)の一つで、これを用いることによって、コンテンツを手軽に作成できるようになりました。

「田園」41種聴きました

<p>&nbsp;第56回定期演奏会の練習も追い込みの時期に入っていますが、メーン曲目「田園」のレコード、CD等を我が家で探したところ、41種ありました。1月からほぼ2か月半かけて、ようやく全て聴きおえました。</p> <p>聴いた順番は、オーケストラの国別です。オーストリア、ドイツ、オランダ、フランス、英国、米国、日本といった順番です。

もしも緊急地震速報がオーケストラだったら

<p>お久しぶりです。ゼミ旅行やら友人との旅行やらで久々に日中に家にいる気がします。</p> <p>今日からバイトが連勤なんで再びいなくなるんですがね。苦笑</p> <p>&nbsp;</p> <p>話はかわり、今回のタイトル『もしも緊急地震速報がオーケストラだったら』。

小澤 征爾さんと音楽で語った日~チェリスト 宮田 大・25歳~!

<p>vcpapaです。3月=年度末となり、皆様いかがお過ごしでしょうか?</p> <p>3月10日(土)19:00~20:45BS朝日にて、&quot;小澤 征爾さんと音楽で語った日~チェリスト 宮田 大・25歳~&quot;が放映されました。DVD録画をしておいたので、今朝その録画を見ました。

「20世紀の十大ピアニスト」

<p>「20世紀の十大ピアニスト」(中川右介著)という本を読みました。ラフマニノフ、コルトー、シュナーベル、バックハウス、ルービンシュタイン、アラウ、ホロヴィッツ、ショスタコーヴィチ、リヒテル、グールドという10人の生涯を描いています。</p> <p>いきなりクレームをつけるようですが、このピアニストの人選に疑問を持つ人は少なくないのではないでしょうか。

「チェリスト、青木十良」に感銘

<p>96歳の現役チェリスト、青木十良さんのこれまでの人生を描いた「チェリスト、青木十良」という本を読みました。</p> <p>青木さんは10年ほど前からバッハの無伴奏チェロ組曲の録音に取り組み、これまでに「6番」「5番」「4番」の順でCDをリリースし、いずれも評判になりました。</p> <p>私は昨年発売された「4番」を聴きました。

Pages