Blogs

力強さと憂いを感じさせるチェロ。その演奏ぶりはまさに魅力的の一言!

<p>2016年5月1日、チェロソリストのマルモ・ササキさんを迎え、横浜管弦楽団第62回演奏会が無事終了いたしました。</p> <p>マルモさんの奏でるドボルザークのチェロ協奏曲は、力強く情緒あり、音色はもちろんのこと、弾く姿にも惹かれるものがあり、 練習中はつい見とれて自分が弾くのを忘れてしまうほどでした。

第64回定期演奏会 ありがとうございました!

<p>去る5月1日(日)に、第64回定期演奏会が無事に終演いたしました。</p> <p>神奈川県立音楽堂にて600名近いお客様にご来場いただき、団員一同、心よりお礼申し上げます。</p> <p>今回の演目、ドヴォルザーク「チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 (B.191)」は、マルモ・ササキさんをお迎えして演奏させて頂きました。

ドヴォルザーク チェロ協奏曲の練習

<p>急に暖かくなったり寒くなったり、皆さま、お元気でしょうか? 浜管では年明けから練習を重ねておりました! 2月13日(土)の練習では、ドヴォルザーク チェロ協奏曲のソリストの代奏として、チェロ奏者の三矢憲幸先生にお越しいただきました。

第63回定期演奏会、無事終演いたしました!

<p>昨日、第63回定期演奏会が無事に終演いたしました! ご来場いただきまして、どうもありがとうございました! ありがたいことに、神奈川県立音楽堂にて500名を超えるお客様にご来場いただき、団員一同、心よりお礼申し上げます。 演奏会では、当団の常任指揮者である原田重一氏とともに音楽を創り、楽しく演奏ができました。 お客様にとっても楽しい演奏会でしたら、幸いです。

堤剛のバッハ無伴奏全曲演奏会

<p>団員の皆様、先日の定期演奏会はお疲れ様でした。演奏した側で言うのもややはばかられますが、全体にいいブラームスだったように思いました。細かいアンサンブルや音程でやや課題は残りましたが、前回のブラームス第四よりかなり進歩したように感じました。

東芝グランドコンサート

<p>vcpapaです。大変久しぶりのコメントです。今日は高温、雨で変な天気です。インフルエンザが大流行なので、皆様、体調管理には十分気をつけましょう。1月31日(木)に東芝グランドコンサートを聴きに行きました。1年後輩より(左記コンサートの事務局をやられている)、招待券x2枚を入手=座席はS、2階最前列で少し左側、ほぼベストな座席。まさしく、棚から牡丹餅でありました。

チェロの小部屋スペシャル~Pray for TOHOKU

<p>vcpapaです。皆様、ご機嫌いかがでしょうか?ロンドン五輪につき、明日にて閉会式です。皆様にてロンドン五輪を楽しまれておりますでしょうか?vcpapaはサッカー=なでしこ及びU-23日本の11試合をライブでテレビ観戦しました。(除くグループFでのなでしこvs. スェーデン、浜管の練習あり。

Pages